2018年1月22日月曜日

芋羊羹におもう日本的な黄金比

Facebookにアップしてあった羊羹の画像がとても品があって良かった。
https://www.facebook.com/naoko.miyakawa.9/posts/1530252487052840?pnref=story



これは船和浅草本店の芋羊羹だそうだ。http://funawa.jp/shop/

この画像を見て品が良いと思うからには、そこには何かがあるはずである。例えば黄金比のようなものが。

そこでちょっと調べてみた。日本の代表的な四角いものといえば畳でしょうね。でもこの畳にもいろいろとサイズがあり、京間・本間6尺3寸×3尺1寸5分(191cm×95.5cm)江戸間、現代に至っては、団地間。これらは寸法こそ違えども、縦横の比率は1:2である。

次に思いついたのがまな板。これも用途によりいろいろなサイズがあるものの、伝統的な寸法として360mm×180mmとなり、これも縦横の比率は1:2であった。

偶然は続くものだ、では羊羹の比率はというと残念なことに1:3であった。日本的な黄金比が1:2と仮定すれば、この羊羹も同じ比率であるだろうという推測は外れていた。



外れていたからこそ面白い。ではなぜ、1:2ではなく1:3なのかということになるのだが、芋羊羹だけでは信憑性に欠けるので、船和さんの他の羊羹をみてみた。



ちゃんとありました1:2の比率の羊羹。こうなると更に疑問がわいてくる。1:2、1:3と統一性に欠けるではないのかという疑問だ。一般に黄金比といえば近似値1:1.618、約5:8の比率と中途半端な縦横の比率となっている。それに対して日本の比率は縦1に対して横は整数Xでありキリが良い。縦を1とすると横は各々2と3にきれいに分けることができるということだ。

羊羹の起源は鎌倉~室町時代とされているようだが、今の主流である羊羹は江戸時代後期になってからだそうだ。江戸時代後期といえば寒冷による飢饉が人々を苦しめたといわれる。そんな中で羊羹などのお菓子は贅沢品であったのは間違いないだろう。そんな贅沢な品を食べるにあたり当然家族で分け合うわけだ。その分け合う過程で1:2や1:3は2等分と3等分である。目分量でも分けやすい。子供達に大小の違和感を与えることなく公平に分け与えることができる。子供達が食べ物の大小を見比べるという行儀の悪さがないように、それによって兄妹喧嘩などという不躾を未然に防ぐ、すなわち家族内の和を乱さない比率でもあったのだろう。代表的な和菓子の餅や饅頭も円であり半分にも4等分にも分けやすい和である。

Facebookにアップしてあった羊羹の画像を見て品が良いと思ったのは、潜在的に「和」を感じることができたからなのかもしれない。

2月の浅草には行けないが、9月の暑気払いには参加して船和浅草本店の芋羊羹を食いたいものだ。

2018年1月21日日曜日

「頑張」について

51歳になって数日経ったが、これといった変化は見られない。当然である。

それでも今日一つ気付いたことがある。「頑張」って言葉を最近よく使っている。頑張って言われるのも言うのも密かに好きではなかったのだ。無責任な言葉だと思っていた。腹が立つこともあった。

そんな「頑張」を今年になってから3,4回使っている。これもブログを毎日更新すると決めたからなので理由は明快だある。

「頑張」とはどんな様を表しているのだろうか。「頑」とは他人にかまわず自分の思い込みを保つ態度ださそうだ。”思い込み”とは言葉が少々悪いような気がするが、その思い込みを”張”はる。ひっぱる。はりわたす。ということになる。

そうか、頑張ということは思い込みを張り通すこととなる。思い込みが良い思い込みであろうと、悪い思い込みであろうと、関係ないのだ、思い込みだからね。

「小中学校の頃は部活で練習中は水も飲まずに頑張った」”水も飲まずに”という現在では非常識な思い込みを信じて頑張らなくていいことを頑なに頑張っていたのだ。でも、それでもよかった。ある意味素直だったのだろう、そして「頑張」を鵜呑みにする体力があったのだ。

そんな少年時代が過ぎ、青年時代になると世の中の疑問が見えてくる。見えてくるが解決策、解決するだけの能力が伴わず、「頑張」を怪訝に扱う。

壮年期になると世間の仕組みが見え、妙に物分かりが良くなり「頑張」から遠ざかる。

そして50を過ぎた今、「頑張」って言葉がサラサラっと言えていることに気付いた。老体と言うまでには程遠いが、体力の衰えは否めない。体力に自信のあった頃の感覚と記憶が消えうせず、それでいて衰えは自覚するという微妙な感覚のオーバーラップから解放されたのだ。やっと脳が認めたのだろう。熟した体を自らを励ましながら進んでいかなくてはいけない年齢に達したといことを。

自分へ言えるようになった「頑張」を、お隣さんにも言えるかもしれない。言っていいのかもしれない、恥ずかしいから言えないだろうな(笑



2018年1月20日土曜日

フクの幸せ

今日は一日中家に居た。

傍らではフクが一日中寝ていた。ヒーターを点けているので喉が渇くのだろう。たまに起きては二階の部屋から玄関まで降りていき水を飲んだら戻ってきて寝る。

夢をみているのだろうか寝言を言いながら尻尾を振り、いびきをかき、薄ら起きてはたまに目が合う。そんなときふと思う。

フクは幸せなのだろうか?こんな問いに

あなたが幸せならわたしも幸せなんですよ。とフクは答えるんじゃないかな。

40年近く犬を飼い続けているとそんな気がしてくる。

2018年1月19日金曜日

電子レンジ系弁当にはないホカホカ感、ホッとする感じを再確認

いろんな便利なものが集まっているコンビニは便利の集合体であり、その集合体の中でも群を抜いて活躍しているのが電子レンジだ。お昼時、レジに並ぶ行列から繰り出されてくる弁当等を次々と捌いていく使われ様は酷使以外のなにものでもないが、これに耐える耐久性と高出力、高性能は進化し続けていくのだろう。

わたしはほぼ毎日コンビニのレンジで温められて弁当を食べているが、一つだけ違和感がある。レンジで温められたご飯のアツアツ度が半端ないことである。個人差はあるのだろうがフウフウして冷ましながら食べないといけないレベルである。
そして何よりの違和感は、炊き立てのご飯と比べると熱がご飯の中心部にこもっているような気がすることである。この熱冷ますためにフウフウしなければいけないのだ。

前置きが長くなったが、先日夜の作業が長引いたのでほか弁(ほか弁がほっかほっか亭のものか、ほっともっとの弁当なのかは気にしていなかったので未確認)の差し入れを頂いて気付いたのだ。

ほか弁はホカホカ、コンビニはアツアツだということに。

ほか弁を食べるのは久しぶりであった。作りたての弁当が売りのほか弁はコンビニと比べ待ち時間が長いこと、店舗数が少ないことから限られた時間で昼飯を済ませるにはアツアツ弁当に違和感を覚えながらもコンビニ弁当を選択せざるおえなかったので、ほか弁のホカホカ感にはホッとするものがあった。

「ほっかほっかの亭」ホカホカ感、「ほっともっと」のホッとする感じ、なるほどね。

電子レンジに頼らない”ほか弁系”の弁当屋共に社名の由来がどうなのかははわからないが、なんだかわかったような気がした。

2018年1月18日木曜日

測量屋的51歳

51歳になりました。
地球が太陽を51周したことになります。51周お疲れ様です。

もともと円が360度という60進法を使っているのも、大昔地球が太陽の周りを360日かけて一周すると考えられ、地球が太陽を中心に一日に移動する角度が1度となり一日となったわけでして、測量屋はこの”1度”をさらに1/60分割し”1分”とし、その1分をさらに1/60分割して”1秒”となり、”1度”を合計1/3600に分割した角度を用いて測量をしています。
小学生の時に使っていた180度の分度器に目盛りが648000目盛り刻まれている計算になります。(そんな分度器は見たことがありませんが)

そんな微小な刻みの連続で1日は動いているわけで、この刻みが重なり合う人と人が出会うというものは意図的ではないかぎり、途方もない偶然としか言いようがありません。
その途方もない偶然の産物として、誕生日にたくさんの祝いのメッセージを頂きありがとうございました。

メッセージ確認が夜中になり、返信をそれから行ったので眠りの最中メッセージの着信音が迷惑にならないかと考えつつも返信させていただきました。

今年も一年、51歳のわたしをよろしくお願いいたします。

2018年1月17日水曜日

51歳の誕生日

Facebook等で、お祝いのメッセージありがとうございました。

お礼のメッセージを書き込んでいたらけっこうな夜更かしとなったので今日のブログはここまで。

2018年1月16日火曜日

わたしの嫌いな言葉は”効率化”

16日の24時過ぎ、街へ出ていきたいが雨が降り出した。

明日は週の半ばだが休みの日である。だから夜更かしができるのだが、またしてもブログとの格闘に大好きな夜更かしの時間を費やしている。

いくら時間を費やしても書けない時には書けないもので、容赦なく時間だけが過ぎていく。

そんな時気分転換にギターに手が伸びる。
新たに練習曲を追加した。


てか、目覚ましが鳴った。AM 5:55 無駄に夜更かしをしてしまった。

そうそう、無駄の”駄”って値うちのないもの、つまらないもの、粗悪なものなどの意する漢字なのだが、”無駄”って熟語は値打ちのないものは無いんだよって教えてくれてる漢字のような気もする。

わたしの嫌いな言葉は”効率化”(笑